“猫年”よろしくお願い申し上げます

猫蔵館館長の田ニャかです!

新年を迎えてもう半月が過ぎました。

早いですねぇ~

そうそう!この場をお借りして、皆様に感謝と御礼を述べさせて頂きます。

昨年の1月16日(一粒万倍日・天赦日)に猫蔵館をオープン!

諏訪大社門前のテナント(旧店名:つきのつゆ)を撤退し

本店の蕎麦屋に隣接する形で新店舗(新店名:猫蔵館)を構え一年を迎えました!

みニャ(皆)さんに支えて頂きながら最初の節目を迎えられたことに

心からお礼と感謝申し上げます。これからもよろしくお願いします。

そして、前回ブログ記事でご挨拶申し上げましたが

改めまして

新年明けましておめでとうございます。

さて、昨年の丑年から寅年へとバトンが渡されました。

虎はネコ科で十二支ですが、猫が十二支に入れなかった話は有名でよね!

しかしながら同じネコ科であり、先祖はプセウダエルルスといわれ、虎と猫には共通点がたくさんあるのです。

例を上げると、歯の数(30本)、平均寿命(15年)、運動能力、16時間睡眠(笑)などがあり、今年は寅年であっても、田ニャかを含め猫好きな方は猫年と解釈しても良いかと感じますww

また、虎と猫のことわざも多く、虎のことわざは誇示することが多く、猫のことわざは欠点を表現するものが多いそうですよ(;^ω^)

誇れることや欠点を併せ持ってネコ科であるということは、人間社会においても、それぞれに長所もあれば短所もあるのと同じです。

「猫をかぶる」(本性をかくしておとなしそうに見せる)

猫だけかぶっている状況下よりは、「猫にもなれば虎にもなる」(状況しだいで態度が変わる)状況下の方が

きっと人は育つように思えるし、田ニャかもその方が好きです!

田ニャかも新しい年を迎え、毎年ちょっとずつでも成長できればと思います。

皆様におかれましても、幸多き一年でありますよう心からお祈り致します。

先日のブログよりも、こちらの方を早くUPすべきでしたが

一年を迎えた節目としてUPしたかったので、ごめんニャさい(m´・ω・`)m ゴメン…

ではでは、本年も田毎庵(蕎麦店)、猫蔵館(雑貨店)ともにご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

お宝